注意事項

コンタクト着用で気を付けなければいけないことが何点かあります。
使い方を間違えたら、眼障害を起こすこともあるので、注意して着用するようにしましょう。

 

下記に、コンタクト着用時に絶対にしてはいけない事をまとめておくので参考にしてくださいね。

 

コンタクトを着用したままでの就寝
コンタクトレンズを着けたまま寝ると、眼球にコンタクトレンズがくっついてしまい、取り外しづらくなります。そのことによって眼球にキズ等が付くことがあるので、装着しての就寝は止めるようにしましょう。

 

コンタクトレンズの洗浄・ケア
コンタクトレンズは、取り外した時に必ず洗浄するようにしましょう。汚れが付着したままのレンズを着けることによって、目に障害が起こる場合もあります。また、使い捨てレンズは使用期間を守るようにしてください。
洗浄液も、何日も使い続ける事により感染症の原因となってしまいますので、、こまめに取り換えるようにしましょう。

 

水での洗浄
洗浄液がないからと言って、水道水でコンタクトレンズを洗浄するのもダメです。水道水には目に見えない細菌が含まれているので、水道水で洗う事によってレンズに細菌が付着してしまいます。
角膜炎になる可能性もあり、最悪は失明、といった事もあるので気を付けてください。
また、外出時にレンズが外れてしまった時に、よくレンズを舐めている方を見ますが、これも絶対にダメですよ。口の中には雑菌が多いので感染症になることがあります。

 

メイクをしてからレンズを入れる
女性の方はメイク後にコンタクトレンズを入れている方がいるかもしれません。メイク後にレンズを入れると、レンズに化粧品が付いてしまう事があります。化粧品が付いたレンズをそのまま着用すると、キズの元になるので、メイク前にレンズを着けるようにしましょう。

 

 

 

目はとても大事な部分なので、コンタクトを着用する際は注意事項を守って着けるようにしましょうね。